ブログ

家づくりのポイント

吹抜け+スキップフロアなら、もっと家が開放的に暮らしやすくなる!【実例付】

建坪が小さくても、空間の区切り方や間取りの取り方で広く感じる家造りが可能です。

そんな、空間を上手に利用した昭栄創建の家造りについてお話ししたいと思います。

スキップフロアを設けて立体的な空間の広がり

スキップフロアとは・・・床面の一部に高さを持たせ中二階や階段の踊り場などを設けることができる構造のこと。

設けるメリット

・つなげたまま空間で部屋とは違う仕切りをつくることができます。

・空間全体が連続的につながることで、広く感じる効果があります。

・狭小地や建物の高さ制限のある立地でも有効に広がり空間を実現します。

・ただ通るだけの空間になりがちな階段の踊り場を家族の共有スペースにすることができます。

 

スキップフロアのデメリットの一つに、「断熱・空調に工夫が必要」というものがありますが、昭栄創建で造る家は気密が良く、

断熱もしっかりしていますので心配いりません。

吹き抜けを設けて縦に広がる開放感

吹き抜けとは・・・1階部分の天井・2階部分の床を抜いた空間のこと。

主にリビングや玄関、階段スペース部分に設けられることが多い。

吹き抜けを設けるメリット

・空間が縦に広がり開放感を演出することが可能になります。

・窓が高い位置に設置できるので、太陽の光をしっかり1階まで取り込むことができるようになります。

・吹き抜け上部に熱が上がるので、空気が循環することで風通しも良くなります。

・1階と2階の空間のつながりができることから、家全体のコミュニケーションが円滑になります。

 

吹き抜けのデメリットの一つに、「冷暖房の効率が下がる」ということがありますが、夏は冷たい空気が下がるのを利用して、2階からエアコンの冷風を落とすことをオススメし、冬はシーリングファンを作動させ、1階からの暖かい空気を循環させることをオススメします。扇風機やサーキュレーターを使用するのも効果的です。

吹き抜け+スキップフロアでさらに開放的に

吹き抜け+リビング階段にして、階段部分をスキップフロアにすれば空間をさらに広々と有効に使うことができます。

空間を上手に利用すれば、活きるスペースも増え、快適な住まいになります。

昭栄創建では、自然素材を使用しながら、上手な空間づくりを考えた家造りをしています。

ぜひ、体感して頂きたく実際お住まいのお家も見て頂くことができます。

 

お問い合わせ

昭栄創建(株)

TEL:024-937-3335

info@shouei-sk.com

前のページへ

お問い合わせ

健康住宅・自由設計をお考えの方は、まずはご相談ください。
お客様のためのご提案をいたします。

お問い合わせ