ブログ

家づくりのポイント

ヒートショック予防の間取りとは?家の中の温度差を極力無くす方法を紹介

近年、ヒートショックで家の中で命を落とす事例が多くなってきました。リビングはあたたかいのに、お風呂場や脱衣場が極端に寒くて、急な温度差に血管が収縮して倒れてしまう。断熱性能が低い古い家に住んでいる高齢者に多いのが現状です。そのようなことにならないよう、昭栄創建で造る家は、家の中の温度差が少ない仕組みになっています。

ヒートショックを起こさないためにどうすればいいか?

家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすことです。

対策・・・急激な温度変化にさらされないことが何より大切

ヒートショックを起こしにくい間取りの例

  • 広がり空間を考えた間取りで、廊下を設けずにメインの空間(リビング・ダイニング・キッチン)から洗面・浴室・トイレにつながる一体空間になるよう設計。
  • LDKは同じ空間にキッチンがあることで、キッチンで使用する熱を利用し空気を温める効果があります。
  • わずかな隙間を暖かい空気が流れるように、建具は引き戸をお勧めします。

なぜ昭栄創建で造る家は家の中の温度差が少ないのか

昭栄創建が取り入れているPAC工法が次のようなヒートショックを防ぐ効果をもたらしています。

  • 床下換気口から屋根裏換気口へ暖かい空気が上昇する仕組みがあり、この「煙突効果」を利用し、常に建物の構造内部に温かい空気が流れています。
  • 冬の寒い時期は、床下と屋根裏の換気口を閉じ、壁から伝わる太陽熱で暖まった空気を循環させ「魔法瓶」のような状態にし、家の中を暖めます。「PAC工法」で造った建物は、真冬で外気温が氷点下になっても室内の温度は10℃を下回ることはないと言われております。だから家の中が冬でも暖かい構造になっています。

ヒートショック予防を考慮した家を実際に体感してみてください

いかがでしたか?ヒートショック予防でリフォームのご相談も近年多く、私たちの施工した家を実際にご体感いただくことも可能です。

興味のある方は是非お気軽にお問合せください。

 

 

お問い合わせ

昭栄創建(株)

TEL:024-937-3335

info@shouei-sk.com

前のページへ 次のページへ

お問い合わせ

健康住宅・自由設計をお考えの方は、まずはご相談ください。
お客様のためのご提案をいたします。

お問い合わせ