Shoei’s Blog

平屋を建てるなら知っておきたい!!厳選間取り3選

家づくりのポイント

昔ながらの日本の家というイメージが強い平屋にあこがれを持つ方が最近とても多くいらっしゃいます。

しかし、広い土地が必要、採光が難しく暗くなりがち、2階建てに比べて建築費がかかる等マイナスのイメージもあります。

ここでは、平屋を建てる上でのこのようなデメリットを解消し、過ごしやすく快適な平屋の間取の事例をを厳選して紹介いたします。

土地が広くなくても大丈夫!広がり空間を最大にする方法

玄関から廊下を設けず、メインの空間(リビング・ダイニング・キッチン)にたどり着けるような設計は一番大事です。

また、玄関とメインの空間の間に引き戸(仕切り)を設けることにより玄関の冷気や熱気を防ぐことができるため、室内の気温に影響を与えず、快適に過ごすことができます。

廊下を設けない分、床面積が少なく済むため土地が広くなくても平屋の建築は十分可能です。

  

勾配天井なら空間を広く見せられる!

平屋は2階がないため、天井を屋根なり高さまでとり、広い居住空間にすることができます。写真のLDKは、16帖で天井の一番高いところが約4.4mの高さになります。空間を縦に広げることで、開放的かつ奥の方までとることが可能になります。

夏も冬も「快適!」と感じられるのは、自然素材・通気・外断熱の3拍子が揃うから

昭栄創建では、玄関からリビングと付随する一部屋は、本漆喰の塗り壁を標準仕様にしています。

石膏ボードは「ハイクリーンスカットボード」を使用しており、塗り壁・石膏ボード共に調湿効果に優れています。

床材は、無垢のヒノキを標準仕様にしています。

これらの自然素材は呼吸し、夏はジメジメした湿気を吸い込み構造体を流れる空気に乗せて建物の外へ逃がす仕組みなっています。

さらに外張り断熱工法が建物内外の温度を干渉させずに、魔法瓶のように断熱材で包み込むので、夏は暑さを遮り、逆に冬は太陽熱で暖められた外壁や屋根の温度を、構造体へと流れる空気にのせて温かさを取り入れることができます。

快適で開放感のある平屋の間取3選(例)

床面積23.000坪 ポーチ1.00坪

リビングに薪ストーブも置き、中心にあるので家族が集まる設計となっています。

 

床面積27.125坪 ポーチ0.5坪

ホールを設けることにより、プライベート空間と公共スペースをしっかり分けている間取りです。

 

床面積28.875坪 ポーチ・デッキ2.625坪

ホールを設けることにより、プライベート空間と公共スペースをしっかり分けている間取りです。

奥様とご主人の部屋を分けているパターンで、リビング~奥様の間~ホールを回遊できる動線で自由な間取りとなっています。

昭栄創建の平屋を見て体感しませんか?

平屋を建てたい、家の快適さを知りたい方は私たちの造った家を体感してください。

ご希望の方は施主様邸または完成邸へご案内いたします。

下記よりお問い合わせください。

※しつこい営業は致しません、お気軽にお問合せください。

昭栄創建(株)

TEL:024-937-3335

メールからお問合せはこちら

 

実邸見学受付中

住み心地を
確かめてください

〜空気感、開放感、あたたかさを体験する〜
お問い合わせ

健康住宅・自由設計をお考えの方は、
まずはご相談ください。
お客様のためのご提案をいたします。

メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

電話受付:8:00~18:00