Shoei’s Blog

せっかくのマイホームが負債に!?資産価値の高い家にするためのポイントを解説

家づくりのポイント

「家族がのびのびと暮らせるマイホームが欲しい」マイホームへの憧れは多くの人が抱くもの。
しかし、そのマイホームが「負債」になるか「資産」になるかを考えて購入していますか?

あるポイントを踏まえることで「資産価値の高い家」を叶えられます。
今回はマイホームの資産価値を高い家にするための必要なことを紹介します。

資産価値のある家とはどんな家?


資産価値の高い家とは、将来、住宅を売却するときに高値で売れる=「資産となる家」を意味します。

「家族みんなが集まれる広いリビングがほしい」など、マイホームを建てる際、多くの人は「今」に注目しがちです。

しかし、長い人生の中で、変化はつきもの。
子どもが独立して、老後の住まいに住み替える。家族や仕事の事情で、今の土地から離れる。
このような事態になり、マイホームを手放すこともあるでしょう。

しかし、資産価値の低い家の場合、買い手がつかず中々売れないことも。売れたとしても、想定よりも低い金額で売却になるケースもあるのです。

反対に、資産価値の高い家は、買い手もすぐに見つかり、高値で売りやすくなります。
また、将来、お子様やお孫さんにも資産としてマイホームを残すことも出来るでしょう。

資産価値の高い家にするために気をつけるポイント

マイホームを「資産」とできるかどうかは、土地や建物が大きく関わってきます。それぞれ詳しく解説しましょう。

■土地のポイント

(1)エリアの人気性や利便性

土地の価値は、そのエリアの人気や利便性で決まると言っても過言ではありません。

例えば、駅やバス停に近くアクセスがしやすい、周辺に病院、買い物施設、学校などがある土地は需要が高く、価値も下がりにくいです。

車社会の福島県では、高速道路やバイパスなどの主要道路へのアクセスの良さも重要になるでしょう。

建物にいくらお金をかけても、需要の少ない土地だと、売却が難しい場合があります。
少しでも資産価値を高めたいのであれば、土地の人気や利便性をしっかりチェックしましょう。

(2)土地の形状や大きさ

きれいな正方形や長方形の形状をしていない「不整形地」は、資産価値が下がりやすくなります。不整形地は、整形地に比べると建築が難しく、建築コストが上がるケースもあるためです。

また、土地の大きさで大事なのは「そのエリアに適した大きさ」であることです。
例えば、福島のような地方で20坪ほどの小さな土地だと、中々買い手が見つからないことも考えられます。
土地の場所だけでなく、大きさや形状も重要なポイントです。

(3)災害リスクが少ない

地震や水害など、自然災害の多い日本。災害リスクの有無は、土地を決める上で非常に重要になります。
災害リスクの少ない土地は、住んでいる時も安心で、なおかつ資産価値も落ちにくいのがメリット。土地の購入前に、自治体のハザードマップを確認してみましょう。

■建物のポイント

マイホームは、住み始めてから価値は下がっていくもの。しかし、ポイントを抑えておくことで、将来的に資産価値の高い家を叶えやすくなります。

(1) 高耐久な構造性能

住まいの構造性は、建物の価値を決める重要な要素。柱や梁の老朽化が激しいと、住まいの構造にも影響がでて、耐久性が下がります。

資産価値の高い家にするなら、構造性能や素材にしっかりこだわった住まいづくりをしている会社かどうかを見極めましょう。

(2)メンテナンスを怠らない

資産価値を落とさないためにも、定期的な住まいのメンテナンスを行いましょう。
しっかりとメンテナンスを行っていれば、建物の老朽化を防ぎ、長く安心して住むことができます。

また「長期優良住宅」の認定を受けるのもオススメです。長期優良住宅とは一定の基準をクリアし「長期にわたり、安全に住むことができる家」と国から認定を受けた家のこと。

長期優良住宅の認定をうけることで、住まいの安全性や快適性を証明でき、売却時にも有利になります。

 

昭栄創建なら資産価値の高い土地・家づくりをご提案します

資産価値の高い家にするためには、土地と家づくり、両方の観点からこだわることが重要です。

昭栄創建は、資産価値の高い家にするための構造性能をご提案。私たちの家づくりは外張り断熱によるパッシブエアサイクル(PAC)工法を採用しています。

外張り断熱は、断熱材を柱の外側から断熱材を施工。壁の中と室内での温度差も少なくなります。


▲柱のところどころ空いている箇所が空気の流れる道です。

また、PAC工法は壁内、床下、屋根裏に空気の流れをつくるのが特徴。外張り断熱とPAC工法により、柱や梁が空気に触れ、湿気や結露を防ぎます。

つまり、柱や梁の腐食を防止し、高耐久な住まいを実現できるのです。メンテナンスをしっかりすれば、長年しっかりと住むことができます。

また、長期優良住宅の住まいの建築や申請も行っています。長期優良住宅は住まいの価値を高めるだけでなく、税制面にもメリットがあります。

自由設計で理想を叶えつつ、資産価値の高い家づくりを。せっかくのマイホームを、将来も価値が残る住まいにしませんか。

人気エリア 3区画 好評分譲中!

土地は「どこにあるか」が重要だと先述しました。2023年現在、昭栄創建では郡山市上亀田に3区画 好評分譲中です。


4号線や郡山インター、采女通りにもすぐ出られる立地であり、なおかつ病院やスーパーも徒歩10分圏内!小・中学校も1km以内にあり、徒歩で通学可能です。

人気エリア&利便性抜群の土地であり、資産価値の高い家づくりを叶えるにはぴったりの土地です。

分譲地の詳細は下記よりご確認いただけます。
【上亀田3区画分譲中】来年家を建てる方必見!直取引!郡山市の人気地区物件[65坪1,650万円〜]

将来も見据えた家づくりなら 昭栄創建のお問い合わせを

資産価値の高い家について、詳しく解説しました。資産価値の高い家づくりでは、土地と建物、どちらも重要な要素となります。

今回ご紹介した上亀田のような好立地な分譲地は、中々お目にかかれません。お子様や孫の代にも資産として残せるような家づくりを叶えるなら、今がチャンスです。

家づくりのご相談や土地の見学については、下記よりお問い合わせください。
https://shouei-sk.com/inquiry/

実邸見学受付中

住み心地を
確かめてください

〜空気感、開放感、あたたかさを体験する〜
お問い合わせ

健康住宅・自由設計をお考えの方は、
まずはご相談ください。
お客様のためのご提案をいたします。

メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

電話受付:8:00~18:00